捻挫に関して

診察のポイント

診察のポイント

症状・診察所見・レントゲン検査から捻挫の程度を診断して、手術が適応か否かを判断します。

保存的療法(手術療法以外)であれば、ギプス固定・テーピング・包帯固定を選択します。
日常生活では固定をしながら、リハビリテーション(可動域改善訓練・筋力増強訓練)を行います。

スポーツの再開する時期の判断が重要です。

捻挫・打ち身に対するリハビリテーション

障害を受けた場所にあわせ、物理療法、運動療法、リラクゼーション、理学療法などを行いできるだけ早く回復できるよう治療を行います。

薬物療法

  • 消炎鎮痛剤(内服・湿布)
スタッフ写真
お電話でのお問い合わせはこちら 079-444-5544 受付時間 午前8:30-12:30 / 午後15:45-19:00 休診日 木曜・土曜 午後、日曜、祝日