骨粗鬆症治療に関して

骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症

骨の量が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
古くは古代エジプト文明時代からある病気なのですが、近年寿命が延び、高齢者人口が増えてきたため、特に問題になってきています。

日本では、約1,000万人の患者さんがいるといわれており、高齢者人口の増加に伴ってその数は増える傾向にあります。
骨の構造から見ると、皮質骨よりも海綿骨で骨の量の減少が明らかです。

海綿骨の量が減ると、複雑にからみあったジャングルジムのような網目構造がくずれて、あちこちでジャングルジムの「棒」(骨梁:こつりょうといいます)がなくなっていくので、骨が弱くなるのです。

骨が弱くなると、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

骨粗鬆症が問題になる理由
  • 高齢者の寝たきりの原因のうち約20%が「骨折」といわれています。
    中でも「大腿骨(だいたいこつ)」という太ももの骨の骨折が問題となります。
    つまり、骨折をきっかけに寝込んでしまうと、骨折が治った後も自力で歩くことが困難になってしまうのです。
  • 背骨が圧迫されてつぶれていく(圧迫骨折といいます)と、背中が丸くなり内臓が圧迫されるため、消化不良や便秘になったり、食べたものが食道に逆流しやすくなり胸焼けがしたりします。
    背中や腰などに、骨折に伴う痛みが出てくることがあります。
  • 痛みのために、日常生活での動作が制限され、行動範囲も狭まってしまいます。
症状

背が縮む 背中・腰が痛い 背骨が曲がる

骨折しやすいところ

背骨の骨折 手首の骨折 太ももの付け根の骨折

どのような人が骨粗鬆症になりやすい?
  • 加齢 性ホルモン産生の低下のほかに、年をとると骨芽細胞(骨をつくる細胞)の働きが弱くなります。
    また、腎臓の働きも低下するため活性型ビタミンDがつくられにくくなったり、食事の量が少なくなったりするため、カルシウムの吸収量が低下します。
    カルシウムの摂取量が少ない、偏食乳製品をとっていなかったり、偏食して栄養バランスが偏ったりすると、食物からカルシウムなどが十分にとれなくなります。
  • 閉経 閉経に伴って女性ホルモンが急激に低下すると、破骨細胞(骨を壊す細胞)の働きに骨芽細胞の働きが追いつかなくなります。
  • 運動不足 適度な運動で骨に刺激を与えると骨は丈夫になります。
    反対に、運動しなくなると骨はだんだん弱くなっていきます。
  • 日光に当たらない生活 日光に当たると、皮下でビタミンDが合成されます。
    ビタミンDは腸からカルシウムを吸収するために必要な物質です。
  • 喫煙 ニコチンは、腸からのカルシウムの吸収を阻害し、カルシウムを尿中に排出します。
    また骨芽細胞の機能低下も引き起こします。
  • 嗜好品のとり過ぎ コーヒーなどに含まれるカフェインのとり過ぎや、過度の飲酒は骨量の減少につながります。
  • 極端なダイエット 食事を極端に減らすダイエットは、栄養不足、特にカルシウム不足の原因になり、骨量の減少を招きます。

骨粗鬆症の検査について

骨密度検査

骨密度検査とは、骨粗鬆症を診断するにあたって行う検査です。

DEXA法

専用の機器に利き手と逆の手を入れて、被爆量の少ないエックス線で2分間程度で測定できます。
痛み・体への害もありません。

尿検査

尿中のカルシウムや「骨代謝マーカー」(骨の代謝状態を読み取れる)を測定する。

血液検査

他の病気が原因になって起こる骨粗鬆症(続発性骨粗鬆症)を見分けるためにカルシウムやリンを測定する。
骨の代謝状態を読み取れる「骨代謝マーカー」を測定したりもする。

運動器超音波検査
どのような人が骨粗鬆症になりやすい?

肉離れ、アキレス腱断裂、ガングリオンなどの腫瘤の際に使用します。

動脈硬化測定(ABI検査)

結果もすぐに出るので、その場で医師からの診断が受けられます。

検査方法

あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。
時間は5分程度で、痛みもなく血圧測定と同じ感覚でできる簡単な検査です。
この検査では、次の3つが測定できます。

  • 動脈の硬さ
  • 動脈の詰りの度合い
  • 血管年齢
血管年齢チェック

では、あなたの血管年齢を簡単にチェックしてみましょう。
下の質問にあてはまる数をチェックして下さい。

  • 脂質異常症、又はコレステロールや中性脂肪が高いと言われたことがある
  • 糖尿病、又は血糖値が高いと言われたことがある
  • 痛風、又は高尿酸血症である
  • たばこを吸う
  • 血圧が高い(収縮期140mmHg以上、又は拡張期90mmHg以上)
  • 手足がしびれたり、冷えを感じたりする
  • 太っている
  • 家族に心筋梗塞や脳卒中の人がいる
  • 運動不足である
  • ストレスが多い
  • お酒をよく飲む

いかがでしたか? チェック項目が多いほど血管の老化が進んでいると言えます。
特に40歳以上で2つ以上チェックがついた方は、一度検査をしてみることをおすすめします。

スタッフ写真
お電話でのお問い合わせはこちら 079-444-5544 受付時間 午前8:30-12:30 / 午後15:45-19:00 休診日 木曜・土曜 午後、日曜、祝日