骨折に関して

骨折に対する考え方

骨折した骨がずれたり、曲がったりしている患者さんには、麻酔をしてから、レントゲンの透視下で徒手整復術・固定(副子・ギプス)を行います。
翌日来院して頂き、患肢の状態を診察し、必要に応じて処置します。
その後は1週毎に来院して頂き、骨折部の再転位の有無などをチェックします。
固定期間(約1カ月間)中でもリハビリテーションを行います。
固定を除去した後は、固定による関節拘縮、筋力低下に対して、積極的にリハビリテーションを行います。
関節可動域改善訓練、筋力増強訓練を行い、出来る限り早期に職場復帰を図ります。

診察時のポイント

●骨折の有無・転位の状況。
●徒手整復術にて整復位が得られたか否か。

良好な整復位が得られなかったら、手術を考慮し、連携医療機関に紹介します。
固定中でも自動運動をして、今後生ずるであろう関節拘縮・筋力低下を予防します。
固定除去後は、リハビリテーションを積極的に行い、早期の社会復帰を図ります。

スタッフ写真
お電話でのお問い合わせはこちら 079-444-5544 受付時間 午前8:30-12:30 / 午後15:45-19:00 休診日 木曜・土曜 午後、日曜、祝日