投球指導

投球障害(野球肘・野球肩)

投球障害(野球肩・野球肘)の治療、予防、再発防止、競技復帰に向けて積極的なリハビリを展開しています。運動障害(肩・肘)では、運動連鎖の破たんが障害発生の要因と言われています。そのため当院では、局所の機能改善だけでなく、肩甲帯、体幹、骨盤帯、下肢など全身機能に対しても理学療法を展開しています。

治療の流れ

当院での投球障害治療の流れをご説明します。

画像検査所見

・単純X線 ・CT ・MRI

医師による病態評価

・骨の剥離 ・靭帯損傷 ・靭帯損傷 ・離断性骨軟骨炎 ・肘頭骨端線の離開や閉鎖不全

問診

・主訴,ニーズ・痛みの発生時期とその経過
・痛みの発生時期とその経過

キネシオテープ   投球障害治療流れ

成長期の子供たちの野球肘の改善プログラム

「成長期の子供たちの野球肘の改善プログラム」に基づくリハビリに対して、当院では、状態に応じて時期を分けてリハビリを実施します。

疼痛期
痛みのある時期で、一般的にノースロー時期と言われます。この時期は投球をせずに、ストレッチや筋力訓練などの体作りを積極的に行っていきます。

投球準備期
いよいよ、投球、動画作成、問題点を一緒に確認し、改善すべき点について指導していきます。

投球復帰期
通常の練習や実践にも耐え得る筋力や持久力の向上を目指します。

※当院の投球指導プログラミングはあくまで、パフォーマンスの向上(正確さや速さ)ではなく、基本的には障害再発予防、疼痛緩和を目的としたものです。

リハビリの流れ

疼痛期  基本的な肘、肩関節機能の回復を目的とした機能訓練を行う
問診  野球歴・練習環境・ポジションなどの確認
機能評価  関節稼働域の制限、筋力低下の有無などを評価
ストレッチ・筋力トレーニング
セルフトレーニング
ノースロー

投球準備期  投球動作に必要な機能改善、機能評価と投球動作の結びつき
機能評価
無題.png 動画撮影
チェックシート  問題点の抽出
投球指導  改善すべき点の抽出、説明
ホームエクササイズ
タオルシャドー

投球復帰期  通常の練習や実戦にも耐え得る筋力および持久力の向上
スローイングプログラム  キャッチボール 近位から遠くへ
フォームチェック
筋力・持久力の向上
キャッチボール

治療期間およそ5ヶ月

当院をお手伝いいただくプロフェッショナルの紹介

パラリンピックアスリートの科学的サポートや、野球選手を対象とした科学的検証など、国内トップアスリートの身体運動への造詣がとっても深い方です。
また、高齢者の運動機能低下に関するメカニズムやその改善策としてのトレーニング法の研究にも取り組まれ、早稲田大学在籍時には初動負荷トレーニングの研究にも携われており、当院の治療レベル向上にいつもアドバイス頂いています。

小林 裕央さん
東京大学大学院総合文化研究科
広域科学専攻生命環境科学系身体運動科学研究室 特任研究員
図1.jpg
スタッフ写真
お電話でのお問い合わせはこちら 079-444-5544 受付時間 午前8:30-12:30 / 午後15:45-19:00 休診日 木曜・土曜 午後、日曜、祝日